エバーグリーン法律事務所 > 相続 > 相続放棄のメリット・デメリット

相続放棄のメリット・デメリット

相続放棄とは、相続人が相続の開始を知ってから三か月以内に相続権を放棄する意思表示をすることです。相続放棄によって相続開始時にさかのぼって相続人ではなかったものとみなされる効果が生じます。

 

・相続放棄のメリット
まず1つ目のメリットは、相続放棄によって消極財産を相続する必要がなくなります。消極財産とは、貸金の返還、未払金の支払い、賃貸物の使用収益債務、保証債務など契約上の債務を弁済する義務のことです。親に借金があり、死亡後に子が莫大な借金を背負うことになるなど、相続人は過度な負担を強いられるおそれがあります。相続放棄は、こうした負担から相続人を解放することができます。
2つ目のメリットは、相続財産をめぐる相続人間のトラブルに巻き込まれないことにあります。相続財産の中には、不動産といった高額で分割が困難なものもあり、所有権の帰属や共有持分をめぐってトラブルとなることがあります。相続財産が営業権の場合、相続人間での経営争いに発展しかねません。相続放棄によって、こうしたトラブルに関わらないで済みます。

 

・相続放棄のデメリット
相続放棄における1つ目のデメリットは、不動産・動産の所有権や占有権、債権、契約上の地位、著作権や特許権などの無体財産権、営業権といった積極財産を相続できなくなることにあります。
2つ目は、相続放棄をする相続人を受取人とする生命保険金等や死亡退職金である場合、相続放棄をしても生命保険金等や死亡退職金を受け取ることはできますが、みなし相続財産として相続税の課税対象になります。しかし、相続放棄をしたことで生命保険金等・死亡退職金の相続における非課税枠が適用されず、損をしてしまうこともあります。
3つ目は、相続放棄によって後順位の者が相続人となることで、その者に相続における負担を押しつけることになります。相続財産が莫大な負債であるなど誰も相続したがらない場合、相続の第一順位から第三順位の人全員が、相続放棄の煩わしい手続きを行う必要があります。
最後に、相続人のうち被相続人の財産の維持や又は増加について特別の寄与をした者に対しては、他の相続人との不公平を是正するために寄与分が認められます。しかし、相続放棄をすることで初めから相続人ではなくなることから、寄与分を主張できません。また、相続人以外の親族であれば、特別寄与分を主張できますが、相続放棄をした者は、特別寄与者にはあたらないので特別寄与分も主張できません。

 

相続財産の対象、遺産分割協議、相続放棄、遺言書作成、不動産相続など相続の問題にお困りの方は、エバーグリーン法律事務所にご相談ください。

弁護士紹介

→ ご挨拶

当事務所は平成17年10月に弁護士山﨑純一郎が中目黒の商店街に開設した、個人の顧客を中心としたアットホームな雰囲気の法律事務所です。


一般市民の方に親しまれやすい、敷居の高くない法律事務所を心掛けております。

また、当事務所の業務に対する基本的姿勢として、依頼者の方に納得していただけるような質の高い仕事を目指しております。


「大量且つ迅速に」ではなく、「適量を緻密に」という観点から事件処理に当たっております。そのため、いずれの事件に関しても、全て代表弁護士の当職が直接対応するのが原則となります。


代表弁護士山﨑 純一郎(やまざき じゅんいちろう)

所属団体

東京弁護士会

同会人権擁護委員会委員

全国倒産処理弁護士ネットワーク会員

目黒区法律相談担当員

(2020年現在)

著書(共著):「事例でみる債権管理・回収のチェックポイント」
(新日本法規)

経歴

1969年 神奈川県生まれ

1993年 東京大学法学部卒

1999年 司法試験合格(司法修習第54期)

2001年 東京弁護士会に弁護士登録

都内の法律事務所で4年間勤務弁護士として研鑽を積む。

2005年 エバーグリーン法律事務所を中目黒に開設

事務所概要

名称 エバーグリーン法律事務所
所属弁護士 山﨑 純一郎(やまざき じゅんいちろう)
所在地 〒153-0051 東京都目黒区上目黒2-15-6
電話番号 / FAX番号 03-5768-1850 / 03-5768-1851
対応時間 平日:10:00~18:00
定休日 土・日・祝 ※事前予約で土曜の時間外対応可能です。