エバーグリーン法律事務所 > 相続 > 遺産分割協議とは

遺産分割協議とは

遺産分割協議とは、共同相続人同士が協議によって相続財産の分割をすることを示します。被相続人が死亡することによって相続が開始され、法定相続人によって被相続人の相続財産が共有状態となります。その後、被相続人が遺言で禁じた場合を除き、相続人同士が遺産分割協議を行うことで、共有された相続財産を自由に分割し、個々の相続人の相続財産を確定します。

 

・遺産分割調停・審判
遺産分割協議がまとまらない場合、相続人は、遺産分割調停の申立てを家庭裁判所に行います。調停官・調停委員が相続人の間に入ることで相続財産の分割を話し合いで解決します。そして、その結果を内容とする判決と同様の効力をもつ調停調書を作成します。なお、調停が不成立の場合、自動的に審判に移行します。

 

・遺産分割協議を円滑にするために
遺産分割協議は、相続人全員が参加しないと無効となり、やり直しをする必要があります。まずは、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本等により相続人を調べ、相続人を確定する必要があります。
次に、被相続人の積極財産(所有権、債権などプラスとなる財産)と消極財産(債務などマイナスとなる財産)を確定します。また、その結果が記載された財産目録を作成し、相続財産が何であるかすぐにわかるようにしておくと遺産分割協議をスムーズに行えます。

 

・遺産分割協議書
遺産分割協議書とは、遺産分割協議の結果を書面に表したものです。遺産分割協議書を作成する理由は、協議内容について共同相続人全員が合意することで相続財産の権利関係を明確化し、将来の紛争を防止することにあります。
遺産分割協議書は、相続財産が不動産である場合の所有権移転登記の手続や、株式であれば名義変更、相続税申告時などの必要書類となります。また、お墓・仏壇といった祭祀承継は遺産分割の対象にはなりませんが、遺産分割協議書によってどの相続人が承継するのかを確認することもできます。

 

・遺言がある場合の遺産分割協議
原則、遺言の内容とは異なる遺産分割を行うことはできませんが、相続人全員が遺言に反対した場合は、例外的に遺言の内容とは異なる遺産分割を行うことができます。また、遺言執行者がいたとしても、遺産分割協議によって相続人全員が遺言とは異なる遺産分割を行い、遺言執行者がそれに了承すれば遺産分割協議は有効になります。

 

相続財産の対象、遺産分割協議、相続放棄、遺言書作成、不動産相続など相続の問題にお困りの方は、エバーグリーン法律事務所にご相談ください。

弁護士紹介

→ ご挨拶

当事務所は平成17年10月に弁護士山﨑純一郎が中目黒の商店街に開設した、個人の顧客を中心としたアットホームな雰囲気の法律事務所です。


一般市民の方に親しまれやすい、敷居の高くない法律事務所を心掛けております。

また、当事務所の業務に対する基本的姿勢として、依頼者の方に納得していただけるような質の高い仕事を目指しております。


「大量且つ迅速に」ではなく、「適量を緻密に」という観点から事件処理に当たっております。そのため、いずれの事件に関しても、全て代表弁護士の当職が直接対応するのが原則となります。


代表弁護士山﨑 純一郎(やまざき じゅんいちろう)

所属団体

東京弁護士会

同会人権擁護委員会委員

全国倒産処理弁護士ネットワーク会員

目黒区法律相談担当員

(2020年現在)

著書(共著):「事例でみる債権管理・回収のチェックポイント」
(新日本法規)

経歴

1969年 神奈川県生まれ

1993年 東京大学法学部卒

1999年 司法試験合格(司法修習第54期)

2001年 東京弁護士会に弁護士登録

都内の法律事務所で4年間勤務弁護士として研鑽を積む。

2005年 エバーグリーン法律事務所を中目黒に開設

事務所概要

名称 エバーグリーン法律事務所
所属弁護士 山﨑 純一郎(やまざき じゅんいちろう)
所在地 〒153-0051 東京都目黒区上目黒2-15-6
電話番号 / FAX番号 03-5768-1850 / 03-5768-1851
対応時間 平日:10:00~18:00
定休日 土・日・祝 ※事前予約で土曜の時間外対応可能です。